オーディションの服装チェック

オーディションの服装は応募用した写真と同じでOK

あれこれ迷ってしまうのがオーディションの服装です。

せっかく一次審査を通過してんだから、ここで決めて合格したい。

その気持ちのあまり、ドレスアップしすぎてはいけません。

またワンピースで可愛い服の写真で応募したのに、ジーンズでオーディションにはいってはだめですよ。
まず、ドレスアップしないほうが良いのは、普段のあなたが見えなくなってしまうからです。

いつもはカジュアルでスタイリッシュであっても、オーディションで綺麗なスーツをまとったあなたではいつもの良さが表現できません。

審査員が見たいのは飾らないあなたであり、よそ行きのあなたではありません。

そして大切なポイントがもう一つ。オーディションに応募した写真ではなく、また違った自分を見せるために、イメージをがらりと変えるファッションでトライする戦略ですが、これも「やめましょう」。

なぜならオーディション写真に写っているあなたが良いと思われて面接までこぎつけたからです。

違うあなたを見たいのではなくオーディション写真に写っているあなたが本当にそうなのかを見たいのです。

以上2点をきっちり頭の中に入れてから、オーディション写真や宣材写真の服装アドバイスを見るとイイともいます。

こちらのサイトではカテゴリ別にかなり詳細に「オーディション写真の服装」が載っているのが便利であると言えます。

そのため誰が見ても参考になると思われます。