決め手のプロフィール写真
自分撮り

自己分析できるようにすると良い

カメラマンに任せて綺麗に撮って貰うのも一つの方法ですが、初対面でどこまで綺麗に表現してくれるかは分かりません。
そこで自分自身で
  1. どんな表情が似合うか
  2. どのポーズが綺麗か
  3. 服はどうするか
等を知っていれば、カメラマンに「サジェスト(耳打ち)」することが出来ます。そしてそれを元に撮影に入ればイイ感じに出来上がる確率は上がると思います。
しかし「自分を知ること」は簡単ではないかもしれません。そこで口コミを元に作られた宣材写真とオーディション写真の情報ニュースでは、オーディションを受けると決めたら必要となる、履歴書の書き方と、自己アピールのやり方、服装、ポーズなど様々なオーディション関連情報がサポートされています。ここで基礎を学び、しっかりと自己表現できるようにすると良いでしょう。

もう一つ出来るのが鏡で顔を様々な角度から見ることです。そしてどの位置から撮ると「一番印象的か」を見つけましょう。チェックするポイントは鏡を近づけたり、離したり色んな距離を作ってみることです。そのことにより客観的に自己分析できるようになります。

目、鼻、口など顔を構成するパーツを総合的に判断してみましょう。そして良いと思う角度で撮影してみましょう。