子供オーディションとポイント

子供オーディション"

子役、子供のオーディション

テレビで活躍する子供タレントはオーディションを受けて出演チャンスを獲得しています。そのためしっかりとした演技が出来る場合が多いのです。

オーディションとは主催者が求めるキャラクターを持ったタレントを採用するために行うイベントです。このチャンスをモノにするために日ごろからレッスンをして俳優としての完成度を高めます。

子役はプロダクションに所属していますが、その形態は様々で、こども専門事務所から大人が所属する事務所の一環として子供部門がある場合もあります。仕事が入ると保護者と共に行動しますが大抵は「母親」がその役割を担います。そのようなお母さんを指して「ステージママ」と言う場合があります。

【ステージママの役割】 子役といってもプロとして演技をし報酬を貰うわけですから普段からの「しつけ」が大切です。そのため挨拶や礼儀がとても大切で、きちっと出来て当たり前と考えられています。特にオーディションでは演技のほかに素養を見られることもあると思われます。また仕事に入る時間がまちまちとなるため、挨拶はいつでも「おはようございます」となることも覚えておくと良いでしょう。

【一時審査通過のポイント】 一時審査は書類と写真を送る場合がほとんどです。子供オーディションの場合、写真の出来で合否が決まる場合が多い印象がありますのでしっかりとしたプロフィール写真を持つことが重要と言えます。

このプロフィール写真を「オーディション写真又は宣材写真」と言い、プロダクション、お稽古場、又は専門の写真スタジオで撮影します。重要な写真になりますので「印象的」撮ることが大切です。撮り方にはポイントがありますが、それは専門のフォトスタジオを見て参考にしてください。

【オーディション突破のポイント】 審査合格のためのには印象的な写真と演技力、そして「しつけ」がしっかりしていることが大切です。そこの事を普段から意識して切磋琢磨することがポイントです。

【プロフィール写真のクオリティーで合格の賛否が決まるから更なるプロフィール写真ノウハウをゲット
© Copyright brandedppc.com All Rights Reserved